さくらの山歯科クリニックブログ

2022年7月24日 日曜日

こんにちは。
暑い日が続いていますね。
コロナ感染数も増えていて...いろいろ心配な状況です。
私の地元も、七夕まつりは中止。15CD27A7-AB16-4998-8BD5-A1E7A2CD19CD.jpeg
駅前は、ちょっとした飾りがありました。
59422419-FE09-49CC-9D90-26CA8E42C8F0.jpeg鳩も夏バテのご様子で、近付いてもまったく動きません...


さて、皆様歯磨きペーストはお使いですか?いろいろな種類があり、選ぶのを迷ってしまいますよね。


●歯磨きペースト(歯磨剤)
歯磨きペーストの成分には基本成分と薬用成分があります。
基本成分とは研磨剤・潤滑剤・結合剤・発泡剤・香味剤などで、薬用成分はむし歯・歯周病・口臭など目的に合わせて予防効果を高めます。


●うがい薬(洗口剤)
うがい薬を使えば歯磨きをしなくてもよいわけではありません。うがい薬は歯磨き後に使うと、唾液中の細菌量を減少させる効果があります。
殺菌効果でむし歯や歯周病・口臭予防に有効です。使用後は30分くらい、うがいしないほうがいいでしょう。


○歯磨きペーストを使用したほうがいい?
歯磨きペーストは汚れを落とすという目的の他に、むし歯や歯周病などを予防する効果のある薬用成分で歯や歯肉に作用させる役割があります。薬用成分の配合されたものを目的に合わせて選択し、使用したほうが良いでしょう。
歯磨きペーストの使用は、不使用の場合よりおよそ20%清掃効果を上げることができます。


●歯磨きペーストや洗口剤に含まれる主な成分
⚪︎むし歯予防-フッ素(フッ化ナトリウム・モノフルオロリン酸ナトリウムなど)
⚪︎歯肉炎予防-塩化セチルピリジニウム(CPC)、塩化ベンゼトニウム、ビタミンCなど
⚪︎歯周炎予防-グリチルリチン酸、トラネキサム酸、ビタミンE、塩化ナトリウムなど
⚪︎口臭-銅クロフィンナトリウムなど
⚪︎知覚過敏-乳酸アルミニウム、硝酸カリウムなど


毎日の歯磨きに効果を上げる歯磨きペーストを使用し、お口の中を健康に保っていきましょう。64F42D17-644B-4B27-8D8A-C9C32B7A4AF6.jpeg
当院では、皆様に合ったケア用品をご提案させていただいております。
お気軽にお問い合わせください。


スタッフ一同、皆様のご来院をお待ちしております。

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 さくらの山歯科クリニック | 記事URL

カレンダー

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のブログ記事

月別アーカイブ

アクセス



大きな地図で見る
【住所】
〒350-2203
埼玉県鶴ヶ島市上広谷2-10MRビル1F

お問い合わせ 詳しくはこちら