さくらの山歯科クリニックブログ

2020年8月17日 月曜日

舌について[若葉、鶴ヶ島、川越の歯医者 さくらの山歯科クリニック]


皆様こんにちは。
気温が40度を越える日もあり、熱中症対策も必要になってきました。
皆様も冷房を付け、水分補給を忘れないようにしてください。


今日は食を楽しむ為に必要な舌についてお話ししたいと思います。

まずは食事に必要な味覚について
塩味、苦味、甘味、酸味の基本味とうま味の混合からなっています。
甘味、塩味は舌の先で、苦味は舌の根元、酸味は舌の横でそれぞれ感じられます。
舌の味蕾の味細胞が科学物質により刺激されると、舌神経、舌咽神経により大脳の味覚中枢に伝えられ味を感じることが出来ます。

舌の構造について
舌は味を感じるほかに、消化を助ける、飲み込むのを助ける働きがあります。
舌には糸状乳頭、茸状乳頭、葉状乳頭、有郭乳頭の四種の舌乳頭と呼ばれる部分があります。
味を感じる味蕾は味細胞の集まりで、大部分は舌乳頭にあります。

嚥下について
食べ物が喉から食道・胃へと送り込まれること、飲み下すことを嚥下といいます。
舌は口の中にある食べ物を上手に食道に送り込む重要な働きをしています。
また、歯と歯の間に食べ物を運んだり、食べ物と唾液を混ぜ合わせたりするのも舌の役割です。


歯と同様舌にも清掃が必要です。
口臭の原因でもある舌苔を除去すること。
歯磨きのあと、専用の舌ブラシや歯ブラシを使い
鏡を見ながら舌の奥から手前に軽い力で動かして清掃します。
1日1回朝するのがお勧めです。


当医院にも舌ブラシ置いてあります。
気軽に聞いて下さい。
皆様のご来院お待ちしております。





このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 さくらの山歯科クリニック

カレンダー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
アクセス



大きな地図で見る
【住所】
〒350-2203
埼玉県鶴ヶ島市上広谷2-10MRビル1F

お問い合わせ 詳しくはこちら