さくらの山歯科クリニックブログ

2020年7月18日 土曜日

滅菌と消毒について

こんにちは。
もう7月も半ばですが、いつもどんよりしたお天気で梅雨明けが待ち遠しいですね。
といっても、今年の夏はこんなご時世なので、いつも通りに夏のレジャーを楽しむことも難しいですよね。
密にならない範囲で自分なりに夏を楽しみたいものです。


今回は滅菌と消毒についてお話させていただきます。
「消毒」という言葉は皆さんにも馴染みがある言葉であり、特にこの状況下では更に身近に感じると思いますが、歯科医院はじめ医療機関においては「滅菌」というものが患者様や私たち医療従事者を守る為に「消毒」と共に必要不可欠なものなのです。


まず、「消毒」とは
対象微生物の数を減らすために用いる方法で、感染症を惹起しえない水準にまで病原微生物を殺滅または減少させることです。
消毒の方法にも色々種類があり、高水準消毒、中水準消毒、低水準消毒があります。
・高水準消毒
芽胞が多く存在する場合を除き、全ての微生物を死滅させます。
主に内視鏡などの消毒に使用され、薬剤に刺激臭があったり、金属が腐食したりしやすく、人体には使用できません。
・中水準消毒
結核菌、栄養型細菌など、ほとんどのウイルスや真菌を死滅させますが、芽胞は残ってしまいます。
薬剤によっては、手術部位などの皮膚や手術時の手洗い、感染症を持つ患者に使用した器具の消毒などに使用します。
例えば、次亜塩素酸ナトリウム、ポビドンヨード、エタノール、フェノール、クレゾールなどです。
いくつかは、このコロナの影響で聞き馴染みのある薬剤が多いと思います。
・低水準消毒
ベンザルコニウム塩化物、クロルヘキシジングルコン酸塩、両性界面活性剤などで、ほとんどの栄養型細菌、ある種のウイルス、ある種の真菌を死滅させます。
手術部位の消毒や粘膜の消毒に使用されますが、金属の腐食などは少ない反面、消毒効果としては上記の高水準消毒や中水準消毒に比べると弱いです。
Screenshot_20200711-112018_Chrome.jpg

「滅菌」とは全ての微生物(細菌やウイルス)を対象として、それら全てを殺滅、除去する方法で、対象物を限りなく無菌に近ずける工程です。
滅菌には、大きく分けて「化学的滅菌」と「物理的滅菌」の2通りの方法があります。
・化学的滅菌
エチレシンオキサイドガスを直接器具に流通させて、微生物を滅菌させる方法です。
・物理的滅菌
オートクレーブ滅菌(高圧蒸気滅菌)といい、適切な高温高圧の飽和水蒸気中で加熱し微生物を滅菌する方法です。
当院でも、このオートクレーブ滅菌で可能な限りのほとんどの器具器材を滅菌処理しております。



このように、当院を含め、ほとんどの医療機関では常日頃から消毒と滅菌をしっかり行って患者様に医療を提供しております。

現在、このコロナウイルスの流行で皆さんも感染予防や消毒を以前よりも意識が高まっていると思いましたので、簡潔ではありましたが、消毒などについてお話させていただきました。
当院スタッフもしっかり自身の感染予防を行いながら、患者様の感染予防に努めておりますので、受診したくても我慢することのないようにしてくださいね。

当院スタッフ一同、皆様の御来院をお待ちしております。



このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 さくらの山歯科クリニック

カレンダー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
アクセス



大きな地図で見る
【住所】
〒350-2203
埼玉県鶴ヶ島市上広谷2-10MRビル1F

お問い合わせ 詳しくはこちら