さくらの山歯科クリニックブログ

2020年6月 7日 日曜日

こんにちは。
今日も真夏のように暑い1日でしたね。
今年はコロナウィルス対策のためマスクが必須アイテムですね。01727009-4788-495D-86F0-2E987358CF81.png


最近は暑い日が続いているので、マスク着用による息苦しさから、口呼吸になっている人が倍増しているそうです。夏にかけて口呼吸になる人が増えることが予想されています。

みなさんは鼻呼吸と口呼吸を意識したことがありますか?

鼻から呼吸することで、空気中に漂う雑菌やほこりなどの異物の大部分が自然に濾過される仕組みになっています。
口呼吸は刺激物や異物を直接体内に吸い込んでしまうため、身体の免疫機能を直撃してしまいます。


《口呼吸が及ぼす悪影響》
○虫歯・歯周病になりやすく、口臭の原因にもなる
お口の中は唾液が常に出ている状態が正常です。この唾液はお口の中の細菌をやっつけたり、汚れを洗い流したりなど様々な働きがあります。口呼吸をするとお口の中が乾燥し、唾液がうまくまわらずに虫歯や歯周病の原因菌が繁殖しやすくなってしまいます。
○歯並びが悪くなる
歯の並びは「内側からの圧力」と「外側からの唇や頬の筋肉からの圧力」の均衡が取れる位置に自然に並ぶようになっています。そのため、慢性的な口呼吸だと「外側からの圧力」がかからず、出っ歯や受け口などの原因になります。特にお子様は骨格にも影響が出やすいため注意が必要です。
○いびきや睡眠時無呼吸症候群が起きやすくなる
○風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなる 


鼻呼吸をしましょう。
鼻で呼吸することを意識するだけでもかなり効果があるようです。
コロナの影響で外では難しいかもしれませんが、家の中でマスクを外し深い呼吸をすることが勧められています。


お口の周りの筋肉を鍛えましょう。
そのための有効な方法として、良く噛んで食べる習慣をつけることです。良く噛むことは、歯にとっても身体全体にとっても良い影響を及ぼします。


お口の健康を保つためにも、定期的な検診をおすすめします。FCBD2D51-2E67-4AFD-80E8-2E0340C6B345.pngのサムネイル画像
スタッフ一同皆様のご来院をお待ちしております。



このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 さくらの山歯科クリニック

カレンダー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
アクセス



大きな地図で見る
【住所】
〒350-2203
埼玉県鶴ヶ島市上広谷2-10MRビル1F

お問い合わせ 詳しくはこちら