さくらの山歯科クリニックブログ

2022年1月23日 日曜日

こんにちは。
先日、トンガ火山の大噴火により津波警報・注意報が発表され緊張が走りました。多くの地域に避難指示が出されました。
昨日は、大分・宮崎で震度5強の地震が発生しました。
日本は自然災害が多い国です。今までもいろいろな災害がありました。
改めて、いつ起こるかわからない災害への備えが必要だと感じました。


今回は、災害時のお口のケアについてです。


災害時にはお口の中のことを考える余裕はないかもしれません。ですが、お口の中を清潔に保つことができないと、バイ菌が増加して身体に影響を及ぼす可能性があります。

大規模災害時は、避難所などでの集団生活となり偏った食生活やストレスなどが原因で、虫歯や歯周病・口内炎などのお口の問題が生じやすくなります。

お口のケアが不十分になり、口腔内の環境が悪化することで免疫力が低下し感染症に罹りやすくなってしまいます。


◎歯ブラシがない場合
濡らしたタオルやウェットティッシュ・口腔ケア用のウェットティッシュなどを指に巻き、汚れを取り除きましょう。特に歯と歯肉の境目は細菌が増えやすい部分なので丁寧に歯垢を拭うようにしてください。口臭が気になる場合は、舌も優しく拭うようにしましょう。

◎歯ブラシがある場合
水が不足している場合は、泡立ちにくいジェルタイプや液体ハミガキを使用しましょう。洗口剤を使用するのも良いです。

◎義歯を使用している場合
義歯をお口の中に入れたままにせず、1日1回は外して清掃するようにしましょう。歯ブラシや義歯ブラシがある場合はブラシを水で濡らして磨き、ない場合は水で濡らしたガーゼやウェットティッシュなどで汚れを拭うようにしてください。

◎唾液の分泌を促す
唾液にはお口の中の汚れやバイ菌を洗い流す作用があります。キシリトール入りのガムを噛んだり、唾液腺マッサージをして唾液の分泌を促しましょう。


災害が起きた時、お口ののケアは重要になりますので防災グッズの中にケア用品も入れておきましょう。
・歯ブラシ
・コップ61A4F871-1015-4325-859B-A53E2FB36855.jpeg
・デンタルフロス
・液体ハミガキ
・洗口液
・口腔拭き取りシート   など


日頃から歯科医院での定期検診やメンテナンスを受診し、お口の健康を保っておくことが重要です。
ご自身のお口に合ったブラッシング方法など、ケアの方法を知っておくことも災害時に有効です。
定期的な受診をおすすめします。A4D26CF7-28D3-4FA9-93FE-8D552C0A79C0.jpeg

スタッフ一同、皆様のご来院をお待ちしております。



このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 さくらの山歯科クリニック

カレンダー

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別アーカイブ

アクセス



大きな地図で見る
【住所】
〒350-2203
埼玉県鶴ヶ島市上広谷2-10MRビル1F

お問い合わせ 詳しくはこちら