さくらの山歯科クリニックブログ

2021年7月 4日 日曜日

虫歯の進行

3809EE79-DC68-4205-BA69-F16B98849F99.jpegこんにちは。
今年も半分が過ぎましたね。七夕ももうすぐです。
ジメジメした日が続いていますが...梅雨明けが楽しみですね。


虫歯予防デーは先月でしたが...
今回は虫歯の進行について少しお話したいと思います。


齲蝕(うしょく)とは虫歯のことで、専門用語で「カリエス」と言います。
頭文字をとって「C」と呼ばれます。

◎Co
要観察歯
C95A1A0B-44D4-4F48-81C9-32209E9E965F.jpeg歯の表面が溶かされて白濁していたり、薄い茶色になったりしている状態です。
この段階なら、歯磨きや歯質を強くするフッ素を使って虫歯予防を強化すれば「再石灰化」により、虫歯の進行を食い止めることができます。


◎C1
60391238-F773-4C28-AF59-83318BC598FA.jpegエナメル質に限定している虫歯。
歯の表面のエナメル質の範囲に、浅い穴ができている状態です。
痛みやしみるなどの症状はありません。


◎C2
3FDD1F4A-9366-427F-87F2-B804B8B77325.jpeg象牙質まで進んだ虫歯。
虫歯が歯の表面を溶かし、中の方に進んでしまった状態です。
冷たい飲食物で、しみたり痛みを感じたりします。


◎C3
49AF38CB-2FD3-4999-A063-DD914E6DD15D.jpeg神経まで進んだ虫歯。
虫歯がさらに深くまで進み、神経まで達した状態です。表面の穴が大きくなくても、奥まで広がっていることも多いです。
激しい痛みが出たり、冷たい物だけでなく熱い物にもしみる症状が出ます。


◎C4
17BDDD2C-12DF-412F-8443-29C34FC83136.jpeg根だけ残った状態です。
神経が壊死し痛みはなくなりますが、根の先に膿が溜まることもあります。
歯を抜かなくてはならないことも多いです。


痛みなどの症状が出る前に処置することが大切です。
虫歯や歯周病の予防の為、当医院では患者様のお口の状態に合わせて1〜6ヶ月のメンテナンスをお勧めしております。


皆様のご来院を、スタッフ一同お待ちしております。




このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 さくらの山歯科クリニック

カレンダー

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別アーカイブ

アクセス



大きな地図で見る
【住所】
〒350-2203
埼玉県鶴ヶ島市上広谷2-10MRビル1F

お問い合わせ 詳しくはこちら