さくらの山歯科クリニックブログ

2018年3月 3日 土曜日

下顎第一大臼歯のCADCAM冠について[鶴ヶ島、若葉、川越の歯医者 さくらの山歯科クリニック]


3月になって急に暖かくなり、花粉症の方もそろそろ辛くなる時期ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

上下の小臼歯が保険で白く被せる(CADCAM冠)ようになってから数年経ちましたが、下顎第一大臼歯も保険で白く被せられるようになりました。

そのために条件があります。

まず①上下左右の第二大臼歯があること。

②左右の咬合支持があること。

③過度な咬合圧がかからないこと。


しっかり両側で咬む事ができ、強い力がかからないような症例でないとすぐ破折しまいます。


また適応外になる事もあります。

〇 上記の条件を満たさない場合

〇 維持を取るためにコア(土台)をFMC(銀歯)
の場合より多く切削する必要があります。

そのためコアが小さくなりすぎると維持が取りづらく、印象後CADCAM冠を装着後に脱離しやすくなってしまいます。


充分なクリアランスが必要になるため、ある程度の切削量を有する場合のみ適応されます。


〇 義歯の鉤歯になる場合

義歯の着脱の際に脱離しやすくなるため。


その他の注意点

〇 保険適応のため、保管中は2年間新製できません。

〇 FMCより高額になります。


いろんな条件がありますが、ぜひご相談ください。


皆様のご来院をスタッフ一同お待ちしております。




pic20180303001035_1.jpg

pic20180303001035_2.jpg

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 さくらの山歯科クリニック

カレンダー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
アクセス



大きな地図で見る
【住所】
〒350-2203
埼玉県鶴ヶ島市上広谷2-10MRビル1F

お問い合わせ 詳しくはこちら